日産

RAV4のシフトノブをレクサスUX F-SPORT用に交換!

色んな車に乗ってきた私ですが、現在の愛車はトヨタのRAV4です。
グレードはガソリン車の特別仕様車で、アドベンチャーです。

ハイブリッドも検討していたんですが、結構高いのと外観が好みじゃなく、いかにもオフロードっぽいこちらにしました。
2000㏄で結構重量があるので、正直加速などは今一です。

ただ燃費は結構良くて、ハイブリッドほどではないですが十分です。
乗り心地も良く、中々に気に入ってます。

ちょうどコロナ過に納車だったこともあり、遠出をすることが全くないせいか距離が全然伸びません・・・。

まーそれはよいのですが、この車、シフトノブがどうも操作しにくいんです。

新型のクラウンやハリアーと同じシフトノブなんですが、、ロックの解除ボタンが横ではなく前に付いています。
なぜこんな形状にしたのか知りませんが、とにかく操作がし辛いんですよ。

シフトノブ自体も大きめで、手の小さい女性にはかなり操作し辛いと思います。

最初は我慢していたものの、どうにかならないかと思いアマゾンなどで社外品を色々と見てました。
いろんな商品が出てはいるものの、シフトノブごと交換するような商品はなく、色や素材など見た目だけ変えられる物ばかりでした。

諦めかけていた時、レクサスUXのシフトノブが流用できるという事を知ったんです。

 

これなんですが、レクサスだけあって上品で見た目も良く、サイドにボタンがあるので使いやすそうです。

 

早速調べてみると、実際に取付している方もいて、なんとそのままポン付けできるそうです。
しかもRAV4向けの流用品として普通に販売されていたので、速攻で購入しました。
※お値段は1万3千円もしますが

購入の翌日には来たのですが、assy部品なのか、上の写真のようにシフトブーツも付いてきます。
でもネットで検索すると、皆さんレクサスのシフトブーツではなくRAV4のシフトブーツで取り付けてるんですよね。

せっかくこんなかっこいい赤ステッチ入りなので、何とか付けられないかやってみることにしました。

レクサスのシフトブーツを取り付け

レクサスのシフトノブは、写真のように台座もセットになっていますが、大きいホチキスで留めてあるだけなので、マイナスドライバーなどで簡単に外せます。

RAVのブーツも同じようにホチキスで留めてあるだけなので、こちらも外します。

外したブーツを比べてみると、レクサスのほうが2~3センチ短い!
ただ、かなり余裕を持って作られているはずなので仮付けしてみると、十分長さは足りそうです。

早速取り付けてブーツを台座へ固定しようと思いましたが、タッカーなんて持っていません・・・。
そこで、何か所かにある台座の突起に合わせてブーツの端に穴を開けてずれないようにし、上の抑えのパーツをはめ込むと、全然問題なくはまりました。

シフトを動かすと、シフトブーツが若干硬い感じはあるものの、抑えの枠が結構がっちりハマり、ずれたり動いたりすることはありません。

レクサスシフトノブへ交換完了

いかがでしょうか?シフトノブもシフトブーツも違和感なく付いてます。

純正も今風のデザインで悪くはないんですが、レクサスのほうが上品でかっこいいと思います。
シフトノブ自体が小ぶりなので握りやすく、ボタンも横のほうが力が入れやすくて断然操作しやすいです。

 

シフトブーツが若干突っ張る感じはありますが、前後に動かしても、マニュアルシフトにして操作しても、十分な余裕があり問題はありません。

 

元々のシフトブーツも黒の革で質感は良いのですが、レクサスに変える事で赤のステッチが入り、スポーティーでかっこよくなりました。
シフトブーツを別で買うとなると必要ないかもしれませんが、どうせシフトノブに付いてくるので、付けない手はないですよね。

今後はマイナーチェンジなどでシフトノブを交換するといいのに?と思ってしまいます。
RAV4オーナーの方はどうなんでしょうか?操作し辛くないですか?