車の購入方法

カーリースとは?購入する場合との違いを徹底解説

ここ最近、カーリースの人気が年々高まっています。
カーリースというと以前は企業が利用するものでしたが、一般向けのサービスが多くなってきたことで、個人でも利用しやすくなってきました。

そこでここでは、カーリースとは一体何なのか?購入する場合とどこが違うのか、分かりやすく解説していきたいと思います。
カーリースが気になっている方など、ぜひ参考にされてください。

カーリースって何?

まずカーリースがどういうものかについて、簡単に解説します。
カーリースは、読んで字のごとくで車をリース契約すること、つまり借りることです。

カーリース会社が希望の車をメーカーなどから購入し、その車を個人や企業などの利用者に貸し出しをします。
利用者は毎月一定額を支払うだけで、契約内容に応じて自動車税などの税金、車検などの整備費用などの費用負担を負うことなく利用することができます。

レンタカーとどう違うの?

ここで、「レンタカーとどう違うの?」と考える方もいるかもしれません。
確かに、借りるという事自体はレンタカーもカーリースも同じです。

レンタカーとカーリースには大きく2つの違いがあって、まず一つ目に契約期間の違いがあります。
レンタカーは1日だけや1週間だけなど、短期間の契約となります。

そのため利用者側は、1日分や1週間分など短期間で契約した料金を支払う事になります。
それと違ってカーリースの場合は、5年や7年など長期間にわたって契約を結び、1カ月毎に契約で定められた一定額を支払うことになります。

そしてもう一つが、車の名義の違いになります。
レンタカーの場合は当然レンタカー会社が所有者・使用者となっています。

しかしカーリースの場合は、所有者はリース会社なんですが、使用者は契約者になるんです。

この状態って何かと似ていると思いませんか?
そう、車をローンで購入する場合も、所有者はローン会社になっているんです。

カーリースに抵抗がある方が多いんですが、ローンで購入しても車の所有権、所有者は自分ではないという点は同じなんですよね。

カーリースはそもそも法人向けだった

社用車を使用するような業種の企業にお勤めの方はご存知だと思いますが、企業ではカーリースは一般的です。
詳細はここでは省略しますが、税金面でカーリースのほうがお得だからです。

またメンテナンス費用を節約することもできるので、企業側のメリットが大きいんです。

でも個人で利用する場合は、特に税金面で得をするということはありません。
強いて言うなら、自動車税や車検じの税金を支払わなくて良いくらいです。

まー自動車税や車検時の税金も、排気量が大きい車ではかなり大きな節約にはなるんですが。

ではなぜ今、個人向けのカーリースが人気なんでしょうか?

カーリースと購入の違い

カーリースが最近人気なのは、毎月一定額の支払いのみで済むという点が一番の理由です。

車を所有していると、ローンでの購入なら毎月の支払いがあります。
それ以外にも、自動車税、任意保険、タイヤやオイルなどのメンテナンス費用、車検代といった維持費が必要です。

それに対し、カーリースの場合は契約した毎月の一定額のみで済みます。
税金もメンテナンス代も車検代も一切必要ないんです。

もちろん契約内容によりますので、これらの費用が必要な場合もあります。
でもそこは自分で選んで契約することが可能なので、自由度は高いです。

さらに、カーリース会社によってはガソリンの割引があったり、各種優待などのサービスもあったりします。

これに対して購入する場合は、あくまで自己責任で全てを負担しなくてはならず、故障の修理や車検時には大きな出費が必要になります。

「それでもカーリースと違って自分の車だから」
こんな方も多いと思いますが、カーリースも契約終了後に買い取ることで自分の所有にできるんです。

この点は最近はやりの残クレと考え方は同じで、残クレの場合は支払い終了後に買い取りか買い替えかを選択できます。
カーリースも自分で選択可能なので、長年乗って愛着の湧いた車を自分の物にできます。

ではここで、購入する場合とカーリースにする場合の違いについて比較をしてみたいと思います。

比較その1 新型ヴォクシーの場合

新車購入(定額) 新車購入(残クレ) カーリース
諸費用 239,370円 239,370円 0円
毎月の支払額 62,800円 39,600円 41,800円
自動車税 36,200円 36,200円 0円
車検費用 83,750円 83,750円 0円
メンテナンス費用 都度 都度 別途契約可能

※SGグレードで計算しています
※支払い期間が5年(ボーナスなし)の場合で計算しています
※車検費用は諸費用+法定費用の合計金額です(整備代は別)

簡単な比較ではありますが、残クレをリースと同じ5年で組んだ場合、大した差がないことがわかります。
また、残クレではなく全額組んだ場合、リースより毎月2万円以上高くなるようです。

比較その2 エクストレイルの場合

新車購入(定額) 新車購入(残クレ) カーリース
諸費用 193,889円 193,889円 0円
毎月の支払額 64,000円 45,300円 43,450円
自動車税 36,200円 36,200円 0円
車検費用 79,710円 79,710円 0円
メンテナンス費用 都度 都度 別途契約可能

※20Xiグレードで計算しています
※支払い期間が5年(ボーナスなし)の場合で計算しています
※車検費用は諸費用+法定費用の合計金額です(整備代は別)

人気のSUVということで比較をしてみましたが、ヴォクシーと違い残クレよりカーリースのほうが毎月の支払額も安いことがわかりました。
残クレもカーリースと同じで、5年後は再契約か買い取りかを選択する必要があり、実質変わりがありません。

そう考えると、他の維持費が必要ないカーリースのほうがはるかにお得だということが分かりますね。
全額購入の場合は、ヴォクシーと同じで毎月2万円も負担が増える結果になりました。

比較その3 N-BOXの場合

新車購入(定額) 新車購入(残クレ) カーリース
諸費用 97,290円 97,290円 0円
毎月の支払額 41,600円 29,100円 24,750円
自動車税 10,800円 10,800円 0円
車検費用 65,000円 65,000円 0円
メンテナンス費用 都度 都度 別途契約可能

※カスタムLターボで計算しています
※支払い期間が5年(ボーナスなし)の場合で計算しています
※車検費用は諸費用+法定費用の合計金額です(整備代は別)

最後に、最近さらに人気の軽自動車から、1.2を争う人気車のN-BOXです。
こちらもエクストレイルと同じく、残クレよりもカーリースのほうが支払額が少ないようです。

全額購入の場合もかなりの支払額ですね。
軽自動車の購入で毎月4万円以上はさすがに高いと感じてしまいます。

比較結果から分かる事

いかがでしたでしょうか?簡単に3車種比較をしてみました。

もちろん実際には、下取りだったり値引きだったりオプションだったりで、人それぞれ金額は変わってきます。
一応平均的な金額で算出し、カーリースの金額も平均的な金額で比べていますが、それにしてもここまで違うとはという印象です。

私自身は購入派だったんですが、今回の結果を見て、カーリース検討してみるべきと思いました。
自分の車という点にこだわる方は不向きかもしれませんが、最終的に再リースしたり、買取することも可能なんですよね。

少なくとも、残クレは損だということが分かりました。
5年後の車の扱いは同じなので、残クレは私の中では選択肢から外れました。

だって、カーリースなら税金や車検費用が一切必要ないんですから・・・。

カーリースのメリット

本当のところ、カーリースにすることでどんな利点があるのか、カーリースのメリットについてまとめてみます。

毎月一定額の支払いのみでOK

カーリース最大のメリットと言えるのが、毎月一定額を支払うだけで良いという点です。
普通車を所有すると税金や車検代などの維持費が必要ですが、それが一切必要ありません。

契約内容によっては、タイヤやオイルなどの消耗品さえ出費の必要はありません。

車を所有している方なら分かると思いますが、維持費はかなり大きな出費です。
それが全くなくなり、毎月の支払いのみで済むというのは本当に楽です。

初期費用が不要!貯蓄なしでもOK

意外と嬉しいのが、初期費用が一切不要という点です。
極端な話、貯蓄なし、財布に1円も入っていなくても新車に乗ることが可能です。

車が欲しいけどお金がないという方や、新社会人の方など、お金を持っていなくても契約できるというのは大きなメリットです。
普通はお金がなければ車の購入なんてできませんが、カーリースなら可能です。

好きな車を選べる!外車も!

次に挙げられるのが、メーカー問わず好きな車を選択できるという点です。
もちろん新車の購入でも選択はできますが、カーリースの場合はどこのメーカーの車でもOKです。

中には外車を選択できるカーリースもあり、自由度が高いです。
もちろん支払額に合わせて、グレードやカーナビなどの装備も選択できます。

多くのカーリース会社はネットで完結

普通新車の購入の場合、ディーラーなどへ行き契約をする必要があります。
車種やグレードなど全く決まっていない場合は、実車を見れるメリットはありますが、決まっている場合は面倒で時間がかかるだけです。

その点カーリースの場合、全てを公式サイトのページから契約可能です。
実際にカーリース会社のホームページを見てもらうとわかりますが、非常に分かりやすく、まず迷う事はありません。

乗り換え時の手続きが不要

次に挙げたのが、契約終了時の乗り換え手続きが不要という点です。
ただ車を返却すれば済むので非常に楽です。

普通は書類を準備したり、業者を手配したりと結構面倒なものです。
もしまたリースをする場合は、これもネット上で完結できるので簡単です。

リース料は経費にできる

これは、商売をされている方や会社を経営されている方のメリットです。

車の経費は、減価償却という形で費用の一部を経費として計上できます。
しかしカーリースの場合、毎月全額を経費として計上できるんです。

つまり車にかかる経費を丸々経費にできるので、税制面でかなりの節税になります。
これが企業がカーリースを使用する、最大のメリットなんです。

カーリースのデメリット

次に、カーリースのデメリットについて挙げてみました。
メリットもあれば当然デメリットもあるので、チェックしておいてください。

走行距離の制限

まず最初のデメリットが、毎月の走行距離に制限があるという点です。
契約時に月間走行距離を設定するのですが、もし超えた場合は追加料金が発生するんです。

契約終了後、車は中古車として売却するため、走行距離は非常に重要になるからなんです。
ただ、月間の上限が2000㎞という会社が多いので、そこまで神経質になることもありません。

改造などができない

次に挙げられるのが、自分の好きに改造したりできないという点です。
特にスポーツ車などは、ホイールやマフラーなどを変える方が多いと思いますが、カーリースではNGになります。

大丈夫という会社もありますが、その場合は清算時に追加料金となったり、原状復帰が必要だったりします。
ただ中には、追加料金にはなるものの全塗装も可能な会社もあるようです。

途中解約ができない

次に注意したいのが、契約期間中の解約についてです。
多くのカーリース会社では、契約途中での変更や解約ができません。

もしどうしても継続が困難な場合は、違約金などが発生してしまいます。
ただ中には、契約途中で他車への乗り換えが可能な会社もあるようで、契約時には必ず確認したほうが良さそうです。

自分の所有車ではない

最後に、当たり前の事ではありますが、自分の所有車にはできません。
カーリースはあくまでリース契約であり、車を借りている状態です。

そのため、名義を自分の所有車であることにはできません。
ただ、車をローンで買う場合も支払い完了まではローン会社の所有になるので、変わらないと言えば変わらないんですよね。

カーリースがおすすめの方

ではここで、カーリースをおすすめしたい方、向いている方をご紹介したいと思います。

短期間で新しい車に乗り換えたい方
毎月の車にかかる費用を減らしたい方
残クレで新車購入を検討している方
月々の支払いを安定させたい方
滅多に遠出をしない方
ディーラーの営業が面倒な方

 

カーリースがおすすめできない方

そして次に、カーリースはおすすめできない方、向いてない方はこんな方です。

長く同じ車に乗りたい方
車を改造したりカスタマイズが好きな方
自分で車を所有しておきたい方
頻繁に長距離を走行する方
車検など自分でしっかり車を管理したい方

 

カーリース会社一覧

最後に、数あるカーリース会社の中でも特に人気が高くおすすめの会社をご紹介します。
比較対象として、同グレードのハリアーの月額料金(ボーナスなしの5年均等)をそれぞれ掲載しています。

カーリースを検討中の方など、参考にしてみてください。

リースナブル
とにかく毎月の支払金額を安く抑えたい方には、リースナブルが一番おすすめです。
数あるカーリース会社の中でも断トツに安いので、少ない負担で新車に乗ることが可能です。ボーナス払いを併用すれば、最も安い車は月額6,600円で乗る事もできます。
今回の例に出したトヨタのハリアーの場合、残クレで購入するより安く驚きです・・・。

もちろん自動車税や車検代は必要なく、メンテナンスも別途数千円で付ける事も可能です。
選べる車種が限られてはいますが、国内人気車種は網羅しているので、問題はないと思います。

おすすめ度
ハリアーの月額料金 31,900円
車種 国産36車種
契約期間 3年or5年
メンテナンス 別途料金

 

SOMPOで乗ーる
カーリースで外車に乗りたい方は、SOMPOで乗ーるがおすすめです。
名前の通り「損保ジャパン」が運営しており、料金も割安なことから人気のカーリースです。リース期間は3種類あり、最長の9年で契約すれば毎月の料金をグッと抑える事も可能です。
また中途解約や残価保証などのオプションもあるので、自由度が高いのが特徴です。

現在多くのカーリース会社がありますが、その中で外車を選択できる会社はごくわずかです。
国産に比べてメンテナンスが心配な外車に、安心して乗る事ができるのは非常に魅力です。

おすすめ度
ハリアーの月額料金 44,330円
車種 国産全車種・一部輸入車
契約期間 5年or7年or9年
メンテナンス 別途料金

 

ニコノリ
ニコノリは、メンテナンス費用まで全てが込々の人気のカーリースです。
税金や車検費用は元より、オイル交換などのメンテナンス費用も含まれているため、毎月の支払以外の負担なく乗る事ができます。メンテナンスにかかる費用は意外と大きな出費なので、かなり嬉しいですよね。
また車に詳しくない方でも任せておけるので、毎日安心して運転できるというメリットもあります。

さらに、契約期間中はガソリン代が1リットル5円の値引きもあり、お財布に優しいです。
トータルで出費を抑えたいという方には、ニコノリは非常におすすめです。

おすすめ度
ハリアーの月額料金 44,440円
車種 国産全車種
契約期間 1年~9年
メンテナンス 全て込み

 

カルモくん
「リース終了後に車が貰える」で有名なのが、カルモです。
ボーナス払いなしでも月々安価な支払いで新車に乗れるので、非常に人気のあるカーリースです。カルモは、カーリース会社では最長となる最大11年という長期のリース契約が可能なんです。
そのため、かなり毎月の支払いを抑えられ、予算の少ない方でも気軽に新車に乗ることが可能です。

国産の全車種から選ぶことができるので、「新車を購入したいけど支払いが・・・」という方におすすめです。
リース終了後には車は自分の物にできるので、普通に新車を購入する感覚で乗れて便利です。

おすすめ度
ハリアーの月額料金 51,860円
車種 国産全車種
契約期間 1年~11年
メンテナンス 別途料金

 

KINTO
KINTOは、ご存知トヨタが運営するカーリースです。
車種がトヨタ車に限定されますが、KINTOでしか乗れない特別仕様車もあるなど、トヨタ好きには非常におすすめです。KINTOは他社より若干料金が高めですが、その分トヨタによるバックアップがあり安心です。
一番のメリットはディーラーによるフルメンテナンスで、これ以上ないくらいに安心して車に乗れます。

トヨタ車限定ではありますが、もちろんレクサスもリースが可能なので、レクサス車をリースしたい方にはピッタリです。
最長で7年のリースも可能なので、意外と月額が安くレクサスに乗れるのもメリットです。

おすすめ度
ハリアーの月額料金 57,310円
車種 トヨタ車全車
契約期間 3年or5年
メンテナンス 全て込み