車の購入方法

【頭金不要】欲しい車が買えない方でも楽に購入する方法! 

欲しい車がある、けど高くて手が出ない・・・。
こんな経験がある方、結構多いんではないでしょうか?

そこで今回は、頭金0円、手元にお金がなくても新車に乗る方法をご紹介したいと思います。
しかも、高額でちょっと手が出ないと思っていた車でも、十分手が届くような月額で乗れちゃいます。

とはいえ、毎月支払える金額は人それぞれなので一概には言えませんが、欲しい車の見積もりをして、予想以上に支払額にがっかりしていた方は必見です!

欲しい車を楽に購入する方法

では早速、欲しい車を楽に購入する方法をご紹介します。
ずばりその方法とは、カーリースです。

ご存知の方も多いと思いますが、以前は企業が社用車をリース契約するためのものでした。
リース契約、つまり借りるということですね。

しかし最近では、トヨタのKINTOを始め、多くのカーリース会社が個人向けのサービスを展開しています。
カーリースを選択する方が年々増えてきたことで、新規で参入する企業も多く、お得感も増しているというのが現況です。

では、なぜカーリースなら欲しい車が楽に購入できるのかというと、いくつかの理由があります。

理由その1

まず一つ目に、初回に現金が不要で、毎月固定された料金を支払うだけで良いという点です。
車を購入する場合、頭金を支払ったり、端数を支払ったりするかと思います。

また、毎月の支払額を減らすためにボーナス払いを組んだりする事もあるかと思います。
ボーナス払いを組み込むと毎月の支払額は減らせますが、ボーナス月の支払いはかなり大変です。

その点カーリースなら、契約時には一切現金が必要なく、また支払いは翌月からとなります。
今お金がないけど新車が欲しいという方でも、カーリースなら審査さえ通れば新車に乗る事が可能です。

また、毎月一定額を支払えばよく、月による支出のバラつきをなくし、お金の管理が楽になるメリットもあります。
ボーナス払いの併用も可能ですが、ボーナスなしでも問題ないため、一定額で済む毎月払いのみがおすすめです。

理由その2

二つ目が、維持費がほとんどかからないという点です。
普通は新車を購入すると、購入時には月割りの税金や納車の為の諸費用が必要ですが、カーリースにはありません。

さらに、毎年の税金、2年に1回の車検、オイル交換などのメンテナンス費用など、結構な維持費が必要となります。
しかしカーリースの場合、まず税金と車検費用は一切必要ありません!

リース契約はあくまで所有者がリース会社になっているので、リース会社がこれらを負担します。
そのため、毎月のリース料さえ払えば、他にはガソリン代と任意保険料くらいしか維持費がかからないんです!

また、オイル交換などのメンテンス費用や、必ず入っておくべき任意保険も、別途オプションを申し込めば、それらさえ必要が無くなります。
毎月のリース代のみを考えれば良いので、車の維持が格段に楽になります。

理由その3

そして三つ目が、新車で買うより毎月の支払額が少なくて済むという点です。
ある意味これが一番切実ですし、嬉しい点かもしれません。

リース会社は、個人が購入する場合と違うルートで新車を調達するため、一般よりも安くで仕入れることが可能なケースが多いそうです。
そのため、新車を購入する場合に比べて毎月の支払額が安く済むリース会社が多いんです。

さらに、最長で11年など長期のリース契約も可能なため、毎月の支払額をグッと抑えることもできます。
毎月の支払額や契約期間は各リース会社で違うんですが、安い会社を見つければ驚くほど安い支払額で済みます。

高くて購入を諦めていたような車も、カーリースなら現実的になってくるんです。

新車で購入した場合との支払金額を比較

比較その1 トヨタ アルファードの場合

新車購入(定額) 新車購入(残クレ) カーリース
諸費用 243,680円 243,680円 0円
毎月の支払額 67,710円 47,700円 41,800円
自動車税 43,500円 43,500円 0円
車検費用 83,750円 83,750円 0円
メンテナンス費用 都度 都度 別途契約可能

※Xグレードで計算しています
※支払い期間が5年(ボーナスなし)の場合で計算しています
※車検費用は諸費用+法定費用の合計金額です(整備代は別)

比較その2 トヨタ ハリアーの場合

新車購入(定額) 新車購入(残クレ) カーリース
諸費用 235,957円 235,957円 0円
毎月の支払額 56,280円 40,100円 31,900円
自動車税 39,500円 39,500円 0円
車検費用 83,750円 83,750円 0円
メンテナンス費用 都度 都度 別途契約可能

※Sグレードで計算しています
※支払い期間が5年(ボーナスなし)の場合で計算しています
※車検費用は諸費用+法定費用の合計金額です(整備代は別)

比較その3 ダイハツ ウェイクの場合

新車購入(定額) 新車購入(残クレ) カーリース
諸費用 97,290円 97,290円 0円
毎月の支払額 31,400円 28,300円 25,300円
自動車税 10,800円 10,800円 0円
車検費用 65,000円 65,000円 0円
メンテナンス費用 都度 都度 別途契約可能

※GターボSAⅢで計算しています
※支払い期間が5年(ボーナスなし)の場合で計算しています
※車検費用は諸費用+法定費用の合計金額です(整備代は別)

 

いかがでしたでしょうか?今回、人気の3車種をそれぞれ比較してみました。
毎月の支払額は、3車種とも全額ローンが最も高く、カーリースが一番安いことが分かります。

もちろんこれらはあくまで参考例で、オプション内容や値引き・下取りの有無などによって変わってきます。
しかしそれらを考慮しても、かなり差があることがわかると思います。

また、楽に購入できるということで主流になっている残クレも、実はカーリースのほうが安く済むことも分かります。
カーリースなら税金や車検の負担もないので、実際にはもっと差があります。

残クレの場合は、支払い後に買い取ってもらうか、残金を支払って買い取るかを選択しなくてはいけません。
その点を考えると、カーリースとさほど差がありません

こうやって比較してみると、カーリースは魅力ある選択肢になってくるんですよね。

車の購入方法の種類

ここでは、車を購入する際の種類、方法について簡単におさらいしてみたいと思います。
それぞれの簡単な特徴などを挙げてみました。

カーディーラーで新車購入

まずはじめに、全国にあるカーディーラーで新車を購入するという選択肢です。
トヨタ、レクサス、日産、ホンダ、スバル、マツダ、スズキ、ダイハツといった国産ディーラーを始め、メルセデス・ベンツやボルボといった輸入車ディーラーなどの新車販売店です。

やはり新車は気持ちが良いもので、高額ではありますが、一度は経験しておいて損はありません。
注文した車を納車する時の嬉しさは、やはり格別なものがあります。

購入方法としては、全額を現金化ローンで支払う方法もありますが、最近は残クレでの購入が多いようです。
毎月の負担額が少なくてすむので、ディーラーでも特におすすめされますね。

中古車店で中古車を購入

次にポピュラーなのが、中古車販売店での購入です。
もちろん中古車メインですが、中には新車販売の代理店をされているところもあり、正規ディーラーで購入するより安くなるケースもあります。

中古車の良い点は、当然ながら新車よりもほしい車が安く買えるという点ですね。
年式や走行距離、車の状態で変わってきますが、予算や条件に合わせて購入できるというメリットがあります。

デメリットとしては、中古という特性上、故障など不具合が早期に起きる可能性があるという点が挙げられます。
新車と変わらないような程度の良い車なら問題ありませんが、その場合は価格が高く、予算との兼ね合いがどうしても出てきます。

よく、「走ればいいから」と格安の車を探されている方がいますが、やはり格安の車は何かしらの理由があるので、長く乗る予定でしたら、なるべく走行距離が短く、年式の新しい車がおすすめです。

もう一点注意点として、登録から13年を経過した車は、自動車税などが割り増しになるので注意してください。
購入時は登録から10年だったとしても、3年経つと維持費が上がってしまいますので、その点を加味したうえで選ばれるようにしてください。

ちなみに会社によりますが、中古車をカーリースで契約する事も可能です。

ヤフオクで中古車を購入

次に挙げられる購入方法が、ヤフオクでの購入です。
個人で出品されている車、中古車店が出品している車の2通りの購入方法があります。

ヤフオク!の最大の魅力は、何と言っても相場より安く購入できるという点です。
中古車の相場価格より安く出品されているケースがほとんどなので、なるべく安く買いたい方にはおすすめです。

ただし、特に個人で出品されている車は状態がピンキリです。
こまめにディーラーや整備工場でメンテナンスをされている車もあれば、オイル交換をほとんどしたことがないような車も出品されています。

車の状態も自己申告なので、説明と大きく相違がある場合も多いです。

中古車店が出品されている車も、いわゆる外れが多いです。
業者オークションで格安で仕入れ、そのままヤフオクに流す悪徳業者も存在するので、注意してください。

どちらにしても、車の知識に自信があり、自分である程度整備する事が出来る方向けと言えます。

例外として、中古車市場に滅多に出回らないような希少車の購入には便利です。
レストア前提の車などは中古車店で購入することはできないので、そういう車を探している方には宝の山かもしれません。

フリマアプリで中古車を購入

最後にご紹介するのが、メルカリなどのフリマアプリでの購入です。
こちらも個人間での取引となるため、車の状態には注意が必要です。

格安で探している方には良いですが、状態の良い車を探している方にはおすすめできません

また、ヤフオクでも言えることですが、個人間での取引ですので、車両の登録やお金のやり取りなどは確実に行えるように注意してください。
名義変更をしてくれなかったり、車を渡したのにお金を払ってくれないなどのトラブルをよく耳にします。

また、盗難車両を書類なしなどと偽って販売するケースもあり、購入には細心の注意が必要です。

車購入時の支払い方法

車を購入する際、代金の支払いには様々な方法があります。
それぞれの特徴について簡単にまとめてみましたので、参考にしてください。

現金

支払い方法の一つ目は、現金での支払いです。
最も理想的な支払い方法で、一番損の少ない支払い方法になります。

現金以外となるとローンでの支払いになりますが、ローンの場合は必ず金利が必要で、車両代金以上の支払いが必要となります。
その点現金なら、支払い時の手数料(振込手数料など)程度で余分な支払いは必要ありません。

ただ車の購入は高額な支払いとなる場合がほとんどなので、多くの方はローンでの購入になるかと思います。
もし余裕があるなら、やっぱり現金での支払いがお得でおすすめではあります。

ただ、昨今前払いでのトラブルが増えているので、その点は注意が必要です。
お金を支払ったのに納車されないという話を稀に聞くので、支払いは納車時にするようにしてください。

いくら安いからと、前払いを催促する業者はおすすめできません。
前払いを条件に値引きする販売店は、必ず何かしらの問題があります。

クレジットカード

続いての支払い方法は、クレジットカードを利用した支払い方法です。
代金の全てをクレジットカードで支払うもので、メリットとしてはカード会社各社のポイントが付くという点があります。

高額な買い物ですので、かなりのポイントが付きおすすめです。

難点としては、購入する車両価格があります。
当然上限額以上の購入はできませんので、上限の高いカードを保有する必要があります。

また、支払い方法を分割などにしてしまうと、かなり高めの金利となってしまいます。
もし特に理由もなくカードの分割で購入しようと考えているなら、マイカーローンのほうがはるかに金利が安くおすすめです。

マイカーローン

最後は、多くの方の利用するマイカーローンです。
車の購入など車関連の買い物に使えるローンで、銀行など様々な金融会社で用意されています。

最大の特徴は金利の低さで、過去には1%を切る商品もありました。
高額な買い物で長期の支払いになる事が多いので、なるべく金利の低いマイカーローンを探してみてください。

購入後の維持費について

続いては、車を購入すると必ず必要になる、維持費について簡単に解説します。

税金

まずは税金ですね、税金には毎年支払う自動車税と、新車登録時や車検時に支払う重量税、新車購入時に支払う環境性能割(旧自動車取得税)などがあります。
自動車税は大まかに軽自動車と普通車に分かれ、軽自動車は乗用と貨物で税額が変わります。

普通車の場合は排気量によって変わり、毎年4月1日時点の所有者へ課税されます。
新車購入時や中古車購入時には、その月によって月割りの税額が課されます。

ちなみに軽自動車の場合は月割りの税の徴収はなく、1年分を支払わなくてはいけません。

次に重量税ですが、読んで字のごとく、重量に応じて税額が変わり、新車の登録時と、車検時(毎回)に支払わなくてはいけません。

最後に環境性能割ですが、以前は自動車取得税だったものが、2019年の10月から名称が変わりました。
こちらも読んで字のごとく、燃費性能など環境に対する性能に応じて課税されます。

電気自動車などは非課税で、軽自動車で取得価格の最大2%、普通車で最大3%が課税されます。

また、購入時や車検時などに、金額に応じて消費税も課税されることになります。
こう考えると、車に関わる税金は多岐にわたり、多くのお金が必要になるんです。

車検

続いて必ず必要なのが、車検です。
車検は新車登録後は3年、通常は2年に一度必ず受けなければならず、大きな出費となります。
※軽貨物は初回でも2年となっています

車検費用は、大まかに分けると3つに分かれており、法定費用(税金等)、車検基本料金、整備費用となっています。

法定費用

まず法定費用ですが、これには「税金」「自賠責保険料」「印紙代」が含まれています。
税金は自動車重量税で、車両重量によって金額が変わります。

自賠責保険料は加入義務のある強制保険で、普通車と軽自動車で変わります。
金額は毎年見直しがあるため、その時々で変化します。

印紙代は車検場で新たな車検証の交付に必要な手数料です。
印紙代は金額が決まっており、軽自動車、普通車(5ナンバーか3ナンバーで変わる)それぞれで金額が違います。

車検基本料金

この基本料金は店舗によって違うため、車検に出すお店によって大きく異なる部分です。
最も高いのはディーラーで、格安車検と宣伝しているお店はこの基本料金が安いです。

主な内訳は点検料、整備料、代行手数料からなり、車種や車格によってだいたい決まっているので、事前にチェックされることをおすすめします。

整備費用

最後に整備費用です。
整備費用を基本料金の中に含めるお店もあり、店舗によってまちまちです。
整備費用は、最低限車検に通る(合格する)ための内容にするのか、ついでに悪い部分は修理しておくのかによって、料金は大きく変わります。

車検のたびに悪い部分は修理しておけば良い状態を保てますが、そのぶん車検料金はかなりの高額になります。
また中には必要ない部品(早急には交換が不要)を交換する業者もいるので、必ず内容の説明を受けることをおすすめします。

メンテナンス

続いて必要になるのが、日頃のメンテナンス費用です。
オイル交換・・タイヤ交換バッテリー交換・ワイパーブレード交換などがこれに当たります。

これら部品や消耗品は必ず劣化するもので、乗っていなくても交換が必要になってきます。

オイルは定期的に交換しないとエンジンが壊れますし、タイヤは古い物はスリップ事故の原因となり危険です。
バッテリーは弱ってしまうとエンジンがかけられなくなったり、正常に機能しなくなったりと早めの交換が必要です。

ワイパーブレードも古い物は雨の日の視界が悪くなり危険です。

他にも、年数が経つと交換しなくてはいけない物が出てくるのため、メンテナンス費用もバカにはならないものです。

修理

続いて修理費用ですが、これは定期的ではなく不定期に必要となります。
エンジンなど機能的な部分だけではなく、ぶつけてしまった場合にも修理は必要になります。

車の修理は高額になることが多く、特に輸入車は高額になる場合が多いです。
修理が出来ないと乗ることができないため、本当に頭の痛い部類の維持費になります。

保険

最後は、任意保険代です。
任意保険は、強制保険である自賠責保険とは違って個人個人で加入が必要です。

多くの損害保険会社があり、料金もピンキリです。
保険内容も様々ですし、車の種類や装備内容などによっても保険料は変わります。

無事故での加入歴が長くなると等級による値引きもあり、初めて加入する際には詳しい方に相談する事をおすすめします。
最近は安い外資系の影響もあり、格安の保険会社も出てきましたね。

下取りは損!売却がおすすめ

現在、新車や中古車への買い替えを検討されているという方、今乗られている車はどうするご予定ですか?
おそらく、多くの方が下取りという形を選択されると思います。

新しい車が来たら乗り換えればよいので簡単ですし、面倒な手続きも任せればよいので楽ですよね。
実際ほとんどの方が下取りという選択肢を選ばれているようです。

ただ、正直下取り金額は驚くほど安い場合が多いのが実情です。
現在乗っている車の見積もりをしてもらい、がっかりしている方が少なくないのではないでしょうか?

不具合なくまだまだ乗れるきれいな車が、わずか数万円で下取りされる。
納得いかない方も多いと思います。

下取り価格は値引きと一緒に提示されることも多く、納得はできないけど我慢してしまいがちです。
そこでおすすめしたいのが、中古車の一括見積もり査定サービスです。

広告をよく目にするかと思いますが、数社が一度に査定をしてくれるサービスです。
これが思ったよりも高額の査定を出してくれるケースが多く、特に下取りと比較すると倍以上になる可能性もあるんです。

これはとある一括査定サービスの実際の実例なんですが、数社が査定をする、つまり競合することで意外な高値が付くんです。

なぜ一括査定だと高く売れるのか?

数社が一度に査定をするので、他社を気にして高値を提示する
数社で査定するので足元を見られない
大手から中小まで様々な業者が査定をするから

良い事ばかりのような一括査定ですが、一つだけ難点があります。
それは、査定をした買取業者の営業電話がたくさんかかってくるという点です。

これは仕方のないことなので、電話を受けられる時間を予め指定しておき、それ以外は電話に出ないという対策をするしかありません。
ただ、その点を考えてもかなり高い査定額が出る事が多いので、メリットのほうが多いです。

一括査定はとっても簡単なので、ディーラーなどの下取り査定額にがっかりしたという方は、無料で査定してくれるので、ダメもとで是非査定してみてください。

一番お得なのはどの買い方?

新車を購入する場合、どの買い方が一番お得なのか?
色んな選択肢が増えた今だからこその悩みですが、やはり一番お得だと言えるのは、現金一括での購入だと思います。

余計な金利や手数料などが必要なく、最もお金を節約できる買い方だと思います。
ただ、最近の車は本当に高額になったので、現金一括という選択肢は多くの方にとって現実的ではありません。

となると、やはり必然的に分割での購入となります。
分割には「全額を分割」「頭金を入れて残りを分割」「残クレでの分割」の3種類があるかと思います。

これらは毎月の支払額を考慮して選択することになりますが、これにもう一つできた選択肢が、カーリースです。

カーリースは残クレで購入するより毎月の支払額を減らすことができ、さらに維持費がかからないという大きな利点があります。
ただし、あくまで借りるという大前提があるので、そこを問題としなければ、おすすめの購入方法です。

とはいえ、最終的に自分の車にできますし、最初からそういう契約のカーリースもあります。
自分の車と同じように扱えますし、何より負担額をぐっと減らせて車の管理がしやすくなります。

分割で新車を購入予定の方、最近のカーリースはお得でかなりおすすめできます。
購入予定の車の見積もりが出たら、ぜひ一度比較してみてください。