トヨタ

現在の異常なAE86の高値について

今回は、近年のAE86の異常とも思える高値について考えてみたいと思います。

まずはじめに、この上の画像を見てください。
お値段なんと795万円です・・・。

よほど状態が良いのか、はたまた走行距離の少なさからなのか分かりませんが、異常な価格です。
人気がある車なのはわかりますが、さすがにこの価格はないでしょ・・・。

そもそも86って大衆車です。
若いころはたくさん走ってましたし、程度の良い車が80万くらいで売ってました。

80万でも86にそんな出す??と思っていたくらいです。
程度の悪い車は数万円で買えてましたし、そういう車を買って整備し、峠の練習用にしていました。

ぶつけても何とも思わないし、缶スプレーで錆びないように処理してました。
だってカローラですもん、スプリンターですもん。

一応スポーツカーというくくりではありましたが、その中でも最下層の部類でした。
あまり卑下すると86ファンから怒られそうですが・・・。
 

AE86は当時なぜ人気だったのか?

86は確かに人気があり、安くてFRでそこそこ走る車だったので、当時たくさん売れたんだと思います。
実際どれくらい売れたのか調べてみたとこと、レビンとトレノ合わせて、全部で約10万台も売れたそうです。

これはかなりの量で、発売期間がたったの4年しかない事を考えると、驚異的な出荷台数だと思います。

今でこそ旧車となり、そうそう見る機会はなくなりましたが、当時は本当に多かったんです。

スカイラインやS13シルビアなどFRターボ車がその後販売され、まさに一大走り屋ブームだったこともあり、中古で安く買える86は走り屋の格好の遊び車でした。

たしか新車時が150万円くらいだったと思うので、新車でもそこまで高額な車ではないと思います。
初心者でもちょっと無理をすれば買えるくらいの絶妙な金額でした。

ちなみに、86の後継車として発売されたAE92は、FF車ということもあってか走り屋には不人気でした。
どちらかというとナンパ車でしたね。

今考えると、その後のレビントレノはずっとFFだったので、最後のFRである86に人気があったのは確かですね。
 

現在の人気の原因は?

では、そんな86が現在なぜ人気があるのか?
そしてなぜこんなに高額になってしまったのか?

やはり理由として挙げられるのは、頭文字Dの影響でしょう。
主人公の乗る車として86が選ばれ、非力ながら最新の速い車に勝っていく、その姿から人気が出たのだと思います。

頭文字Dで人気が出たころは、それでもまだ数十万円で買える86がゴロゴロしてましたし、程度が良い車で100万円という程度だったと記憶しています。

それがなぜか、年々値上がりが続き、ついには冒頭の700万円オーバーの車さえ出てきています。
 

高額になった理由

現在高額になってしまった理由ですが、一つに、海外の日本のスポーツカーブームがあると思います。
最たる例がGT-Rですが、R34型なんかは5千万円オーバーの車両さえあるくらいです。

でも86はそこまで海外で支持されていないようで、全体的な日本のスポーツカーの値上がりにつられる形での値上がりかと思います。

また、最近はマニュアル車自体新たに発売されませんし、省エネ重視の世相もあって、スポーツカー自体無くなってきています。
海外の高級スポーツカーは健在ですが、高額でとても買えません・・・。

そんな中、日本の多くの旧車、スポーツカーが再注目されてきているのではと考えます。

ただ、86は名車とはいえあくまで大衆車です。
今の価格は絶対におかしい!

高くなったぶん大切に乗られるという良い面もありますが、いくらなんでも高すぎですよ・・・。