トヨタ

【お得なのはどっち?】新型ヴォクシーとノアの5つの違いを徹底比較!

ついにフルモデルチェンジされたヴォクシーとノアですが、どちらにしようか迷っている方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、ファミリーユースの大人気車種、ヴォクシーとノアの違いについて、比較をしてみたいと思います。

外観の違い

まずはじめに外観の違いからです。
違う車種になりますので、見た目、外観は全く違うものになります。

ヴォクシーのほうは、よく言われる「オラオラ顔」で非常に迫力ある外観になっています。
それに対しノアのほうは、少しトーンを落とした上品な大人のミニバンといった感じでしょうか?

歴代のヴォクシー、ノアも同じような味付けで、好みの分かれるところかと思います。
では、それぞれの外観を比較してみたいと思います。

フロント

左がヴォクシー、右がノアですね。

ヴォクシーのほうはヘッドライトが細く、非常に大きなグリルがレクサスを思わせます。
ノアのほうはヘッドライトも大きめで、メッキを多用した上品な印象のバンパーになっています。

どちらもかなり大きめのバンパーが特徴的で、先代とはガラッと変わりました。
フルモデルチェンジなので当然と言えば当然ですが、いかにも最近の車という顔つきで格好いいですね。

ヘッドライト

ヴォクシーとノアの外観上の違いで最も目につくのが、ヘッドライトの形状です。
ノアのほうはこれまでの他の車と大きく変わることなく、ここ最近の標準的な大きさの質感の良いヘッドライトです。

これに対しヴォクシーは、細長く、一見するとどこがヘッドライトか迷ってしまうほどです。
捉え方は人それぞれかとは思いますが、大きなグリルと相まって非常に独創的で、個人的にはかなり格好いいと思っています♪

サイド


つづいてサイドの見た目です。
サイド部分は兄弟車ということもあり、特に大きな見た目での違いはありません。

ヘッドライト含めフロント部分の違い程度でしょうか?
ぱっと見横からでは違いに気づかないかもしれませんね。

リア

最後にリアですが、リアは結構見た目が違いますね。

特にテールランプ部分がかなり違い、ヴォクシーのほうはセンター付近まで長いテールランプになっています。
ノアのほうも長いテールランプになっていますが、途中で切れておりヴォクシーほどは長くありません。

フロントもそうですが、リアもヴォクシーは非常に独創的で、派手目の外観となっています。
ノアのほうはフロント同様に落ち着いた雰囲気です。

やはり外観は全般的に、ヴォクシーは若い方向け、ノアは大人の方向けという印象を受けますね。
とはいえ、結局は好みになるかと思いますので、好きなほうを購入すれば良いのではないでしょうか?

先代まででも、若い方がノアに乗っているのをよく見かけますし、逆に年配の方がヴォクシーに乗っているもよく見かけます。

選べる色の違い

続いては、ヴォクシー、ノアそれぞれの選択できる色の違いについて比較をしてみたいと思います。

ヴォクシーの選択可能なカラー

ヴォクシーの選択可能な色ですが、現状ではこちらの6色になっています。
赤や青、黄色と言った派手目の色は用意されておらず、暗めのカラーラインナップとなっています。

最近の色の傾向や流行りもあるんだと思いますが、今回のデザインにマッチしていて良いと思います。

ノアの選択可能なカラー

続いてノアの選択可能な色ですが、こちらは7色から選択が可能です。
ヴォクシーと違って赤や落ち着いた感じの色が選択肢として増えています。

個人的にノアは、白などの明るめの色が似合うと思っているので、上品な雰囲気を壊さず良いカラーが揃っているのではないでしょうか?

全体の印象としては、やはり暗めのカラーと言った感じで、ヴォクシー、ノアの実質的なライバルとなるセレナと比べると選択肢が少ないです。
セレナはツートン含め10色以上から選ぶことができるので、その点はもう少し選択肢があっても良いのでは?と思います。

合理化と言ってしまえばそれまでなんですが、トヨタらしいカラーラインナップだなというのが感想です。
ヴォクシー、ノアどちらを選んでも色に関しては大きな差はありませんので、デザインとの相性によっての好みの問題になるのではないでしょうか?

内装の違い

運転席周りの内装

続いて運転席の内装の比較です、上がヴォクシー、下がノアなんですが、見て頂いたように、全く同じ内装になります。
兄弟車なので当たり前と言えば当たり前なんですが、グレードによるメーターの違いや、オプションの選択によるナビの違いのほうは各車とも大きいかと思います。

内装のカラー

続いて内装のカラーですが、こちらはヴォクシーもノアも共通になります。
ただノアの場合これは基本色で、グレードによってシートのカラーなど、内装色は選択が可能になっています。
※ヴォクシーもグレードによってはシート生地が違います

 

写真のように、明るめの色を選択することが可能です。

ただ注意したいのは、選択可能なグレードでも指定が必要という事です。
指定しない場合は基本色になってしまうので、色を変えたい場合は注文時に必ず指定してください。

価格の違い

では次に、価格について比較をしてみたいと思います。

ハイブリッド車

グレード名 ヴォクシー ノア
HYBRID S-Z 2WD(7人乗り) 374万円 367万円
HYBRID Z 2WD(7人乗り) 359万円
HYBRID S-G 2WD(7人乗り) 344万円 339万円
HYBRID S-G 2WD(8人乗り) 344万円 339万円
HYBRID G 2WD(7人乗り) 332万円
HYBRID G 2WD(8人乗り) 332万円
HYBRID X 2WD(7人乗り) 305万円
HYBRID X 2WD(8人乗り) 305万円
HYBRID S-Z E-Four(7人乗り) 396万円 389万円
HYBRID Z E-Four(7人乗り) 381万円
HYBRID S-G E-Four(7人乗り) 366万円 361万円
HYBRID G E-Four(7人乗り) 354万円
HYBRID X E-Four(7人乗り) 327万円

まずはハイブリッド車の比較です。
ハイブリッド車はヴォクシーが5車種、ノアが13車種あります。

ヴォクシーの最安が344万円で、ノアの最安は305万円です。
全体的にノアのほうが安く、兄弟車とはいえこれだけの差があります。

この価格差が何なのか正確にはわかりませんが、違いは主に外装なので、ヴォクシーのほうがお金がかかっているんでしょうね?
同じグレードでも価格には差があるので、より安く購入したい方は、ノアを選択したほうがお得なようです。

ガソリン車

グレード名 ヴォクシー ノア
S-Z 2WD(7人乗り) 339万円 332万円
S-Z 4WD(7人乗り) 358.8万円 351.8万円
Z 2WD(7人乗り) 324万円
Z 4WD(7人乗り) 343.8万円
S-G 2WD(7人乗り) 309万円 304万円
S-G 4WD(7人乗り) 328.8万円 323.8万円
S-G 2WD(8人乗り) 309万円 304万円
S-G 4WD(8人乗り) 328.8万円 323.8万円
G 2WD(7人乗り) 297万円
G 4WD(7人乗り) 316.8万円
G 2WD(8人乗り) 297万円
G 4WD(8人乗り) 316.8万円
X 2WD(7人乗り) 267万円
X 4WD(7人乗り) 286.8万円
X 2WD(8人乗り) 267万円
X 4WD(8人乗り) 286.8万円

続いてガソリン車の比較です。
ガソリン車はヴォクシーが6車種、ノアが16車種もあります。

ヴォクシーの最安が309万円で、ノアの最安は267万円です。
ハイブリッド車と同様、ガソリン車も最安のグレードは約40万円もの差があります。

ハイブリッド、ガソリン車ともにノアのほうが選択枝がはるかに多く、予算や目的に合わせて選ぶことができるようになっています。
価格のほうもノアのほうがお得感があり、出来るだけ安くで購入したい方はノアがおすすめです。

装備やオプション、基本性能などは全くといっていいほど同じなので、あとは見た目と価格で選ぶという感じでしょうか?

ラインナップの違い

次にラインナップの違いですが、先ほど価格のほうで見たように、ハイブリッドの場合ヴォクシーが5車種、ノアが13車種あります。
ガソリン車のほうはヴォクシーが6車種、ノアが16車種となっています。

ノアのほうが圧倒的にラインナップが多く、より細分化されているのがわかります。
選択できるカラーもノアのほうが多く、その点も含めるとかなり選択肢は豊富です。

価格もノアのほうは267万円からと安く、一番安いグレードでも309万円と300万円を超えるヴォクシーとはかなりの差があります。

見た目の好みではヴォクシーが好きだけど、価格でノアを選ぶという選択肢もありますね。

ちなみに、福祉車両はヴォクシー、ノア共に用意されています。
 

動画で比較

最後に、分かりやすい比較動画をご紹介したいと思います。
好きでよく拝見する五味さんの比較動画で、2台を並べて比較しているので、参考にしてみてください。

 

お得なのはどっち?

今回、フルモデルチェンジしたヴォクシーとノアを比較してみました。
調べている中でわかったのは、同じグレードでも価格差が結構あるということ。

全体的にどのグレードでもノアのほうが安く、ヴォクシーは高めです。
外観はかなり違うものの、基本は同じ姉弟車なので、ヴォクシーのほうが外装にお金がかかっているということなのかと推測されます。

内装に関してはほぼ同じで、ノアのほうが選択できる分お得感がある気もします。
もちろんグレードによっても違うので、購入を予定している方は、必ずチェックされたほうが良いと思います。

まとめとしては、ノアのほうがやっぱりお得です。
同じグレードでも安いというのは嬉しいですよね。

外観はどちらもかなり個性的なので、あとは好みの問題になるかと思います。
そこまで外観には拘らないという方は、ノアがおすすめなのではないでしょうか?

 

新車を残クレで買うならカーリースのほうがお得

皆さん車を購入する時って、新車派ですか?中古車派ですか?
私もそうですが、本当は新車に乗りたいけど、高いから中古を探すという方、多いのではないでしょうか?

最近の新車ってかなり高くなりましたし、その後の維持費を考えると、高額なローンはなるべく避けたいものです。

とはいえ、長い目で見ると新車のほうがトラブルも少なく安心感があるのも事実です。
最近は残クレを利用して、長く乗る前提で新車を購入する方も増えてきています。

しかし、残クレは最終的に手放すことを前提としており、結果カーリースとほぼ変わりがないんです。
しかも毎月の支払いはカーリースのほうが安いケースが多く、しかも維持費は完全自分持ち・・・。

そこで、そんな新車を検討中という方でここ数年人気が出てきているのが、カーリースという選択肢です。
カーリースは企業などが利用するものというイメージでしたが、その利便性の高さやサービスの普及から、個人でも利用する方がかなり多いそうなんです。

カーリースとは、毎月の支払いのみで、車検費用や整備などのメンテナンス費用、自動車税など支払いが一切必要ない、長期的なレンタカーのような契約の事です。

通常自分で車を購入する場合、車両代金以外にも多くの維持費が必要になります。
しかしカーリースの場合、車の代金のみ一定額を毎月支払えばよいので、非常に楽なんです。

新車でも、年数が経つにつれ様々なメンテナンス代が必要になりますし、車検の度に交換部品が必要になって多額の車検費用がかかってきます。
カーリースならそんな心配がなく、契約内容によってはオイルなどの消耗品さえ必要ありません。

また、レンタカーと違って契約終了後に買い取りをする事もできるので、新車を購入するのと同じ感覚で車に乗ることができます。

こう聞くと毎月とんでもない金額になるんじゃないかと思う方もいますが、そんなことはありません。
毎月の負担は少なく、それでいてそれ以外の出費の心配がないので、車検や税金の支払いのために貯蓄する必要がありません。

比較例 ヴォクシーの場合

新車購入(定額) 新車購入(残クレ) カーリース
諸費用 239,370円 239,370円 0円
毎月の支払額 62,800円 39,600円 41,800円
自動車税 36,200円 36,200円 0円
車検費用 83,750円 83,750円 0円
メンテナンス費用 都度 都度 別途契約可能

※SGグレードで計算しています
※支払い期間が5年(ボーナスなし)の場合で計算しています
※車検費用は諸費用+法定費用の合計金額です(整備代は別)

簡単な比較ではありますが、残クレをリースと同じ5年で組んだ場合、大した差がないことがわかります。
また、残クレではなく全額組んだ場合、リースより毎月2万円以上高くなるようです。
カーリースは様々な業者が参入しており、各社で契約内容は違います。
また取り扱い車種も様々なので、事前に最低限のチェックは必要です。

現在新車への乗り換えを検討されている方は、カーリースも検討対象に入れてみることをおすすめします。

カーリースについて詳しく知りたい方はこちらもどうぞ→→→カーリースとは?購入する場合との違いを徹底解説